2016年03月17日

杉山晋輔外務審議官の発言のその後

NHKは、杉山晋輔外務審議官の発言で重要な朝日新聞の誤報と取り消し・謝罪について触れていません。
国連の議事録に「吉田清治の捏造」「強制連行の否定」「朝日新聞の誤報と拡散」が載っていないことが指摘されています。

@http://netuzou.seesaa.net/article/433927620.html
政府代表の外務省の杉山晋輔外務審議官は強制連行を裏付ける資料がなかったことを説明するとともに、強制連行説は「慰安婦狩り」に関わったとする吉田清治氏(故人)による「捏造(ねつぞう)」で、朝日新聞が吉田氏の本を大きく報じたことが「国際社会にも大きな影響を与えた」と指摘した。また、「慰安婦20万人」についても朝日新聞が女子挺身隊を「混同した」と説明した。日本政府が国連の場でこうした事実関係を説明するのは初めて。


Ahttp://blog.goo.ne.jp/irukanoutada11/e/887f0f6efa9c17a5ffa8ce8f6b1d5691
なぜ朝日新聞の誤報と取り消し・謝罪のことに触れないのか?公共放送のNHKニュースである。

Bhttp://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-2244.html?sp
一部引用させて頂きました。
杉山審議官による国連での答弁について、報道で発信されている発言、すなわち「吉田清治の捏造」「強制連行の否定」「朝日新聞の誤報と拡散」という最大のポイント3つが、国連の議事録に載っていないことを指摘していた。
posted by ネルル at 18:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 資料(本 文献など)  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435049751

この記事へのトラックバック