2016年09月26日

ドイツのフライブルク市中心部に慰安婦像を設置する計画 韓国

今年12月にドイツのフライブルク市中心部に慰安婦像を設置する計画を韓国メディアが報じていました。
産経新聞報道では、韓国の水原市が9月21日に、ドイツ南西部にある姉妹都市のフライブルク市で計画していた
慰安婦像の設置が、独側の拒否で実現不可能となったと発表した。とありますが、
9月22日時点、ドイツのフライブルク市の正式見解は確認できていません。

9月7日に野乃菫さんからブログにお知らせがありました抗議先と主張などを転記します。
反対の抗議のメールや署名は多ければ多いほどインパクトがあります。ご協力よろしくお願い致します。

フライブルク市と姉妹都市関係にある愛媛県松山市のHP
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisei/kokusaikoryu/ryugakusei.html
一般の日本人市民も何らかの抗議行動を起こした方が良いと思っており、
主張としては、
【1】水原市の一方的な主張だけを取り上げて、日本の主張を聴取もせず、像を設置する行為はフェアではない事
【2】慰安婦像を設置することで、ドイツ在住の日本人に対する悪印象・悪感情を助長し、せっかく良好である日・独双方の友好的な関係を損ない、しかも1989年からフライブルク市と姉妹都市関係にある松山市との27年に亘る友好の歴史と松山市民の心をも傷つける行為であるということをフライブルク市は理解し、望んでいるのか?
【3】水原市の提案は、2015年12月28日に「慰安婦問題日韓合意」を日韓の国家の間で締結し、解決した韓国政府の方針に反する行為であり、また、いかなる第3国も関わるべき問題ではない事
【4】同情心のままに像を建てる前に、冷静に事実をよく確認し、検討して欲しいという事

上記松山市hpの下方に投稿欄(500字の制限あり)、
又は、E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jpへフライブルク市への抗議や対策を打つことを勧めるメッセージの送付、
フライブルク市hp(http://www.freiburg.de/pb/,Len/225797.html)への抗議Twitter、Facebook(メールアドレスは旅行者向け問い合わせ用のものしか見つけられませんでした→touristik@fwtm.de)投稿のご協力をお願い致します。

反対の、抗議のメールや署名は多ければ多いほどインパクトがあると、市民の意見を重要視し、尊重する意識は日本よりずっと高いと思うのです。
沢山の日本人市民の声をフライブルク上級市長・ディーター・ザロモン(Dieter Salomon) 氏にとどけたい。
どうかご協力をよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これまでの経緯
http://www.sankei.com/world/news/160921/wor1609210032-n1.html
2016.9.21 20:13更新
【歴史戦】
独フライブルク市への慰安婦像設置断念 韓国水原市が発表 日本側が「圧力」と批判

貼り付け元
【ソウル=名村隆寛、ベルリン=宮下日出男】韓国の水原市が、ドイツ南西部にある姉妹都市のフライブルク市で計画していた慰安婦像の設置が、独側の拒否で実現不可能となった。水原市が21日、発表した。
水原市は報道資料で、「フライブルク市から『日本側の反対で平和の少女像(慰安婦像)の設置が難しくなった』という公式書簡を受け取った」と明らかにした。書簡は21日午前に届いたという。水原市の廉泰英市長は「フライブルク市に遺憾の意を示す公式見解を伝える」とした。
水原市は欧州初の慰安婦像設置を目指し、今年5月、フライブルク市長に像の共同設置を提案。7月に設置するとの返事があり、国連世界人権宣言の記念日に当たる12月10日に市中心部に像を共同設置し、記念式典を行う予定だった。

貼り付け元
しかし、フライブルク市の日本側の姉妹都市、愛媛県松山市が「像が設置されれば交流に支障が出る」と懸念を伝えていた。韓国メディアは、像設置撤回に日本側からフライブルク市への「圧力」があったと批判している。水原市は松山市に抗議書簡を送る計画だという。
フライブルク市当局者は21日、産経新聞に対して「関係者が合意できる解決」を模索していると明かし、「(設置で)日本側が傷つく気持ちを過小評価していた」と語った。

http://www.sankei.com/world/news/160916/wor1609160002-n1.html

2016.9.16 05:00更新
【歴史戦】
ドイツの慰安婦像計画、松山市が懸念伝達 姉妹都市交流に影響も

貼り付け元

【ベルリン=宮下日出男】ドイツ南西部フライブルク市による慰安婦像の設置計画をめぐり、同市と姉妹都市関係にある愛媛県松山市が両市の交流に影響が出る恐れがあるなどとして懸念を伝えたことが15日、分かった。フライブルク市は松山市側の懸念について精査している。
設置はフライブルク市と3月に姉妹都市関係を結んだ韓国の水原(スウォン)市が提案。水原市側が慰安婦像を送り、12月にフライブルク市中心部に設置する計画で、韓国メディアが報じていた。
松山市によると、市関係者が事実関係の確認のためフライブルク市担当者と最近面会。韓国内の報道を踏まえ、提案は女性の権利保護の目的だけでなく、日韓の戦後処理をめぐる政治問題を背景としている可能性があることなどを伝えた。
松山市の担当者は「事情を把握せずに設置を進めれば、日独関係や両市の交流に支障が出る恐れがあるとの懸念を伝えた」とした。
フライブルク市側は松山市から「説明」を受けたことを認めた上、その内容を「現在検討している」と説明。計画については「日本による人権侵害への批判を目的としたものでは一切ない」とも強調している。

posted by ネルル at 12:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 中韓 抗日攻撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック