2016年01月16日

英語で世界に発信

参考になる海外の情報などを集めました。

@英語で世界に発信
http://undertakerrach.gouketu.com/index.html

A海外メディアは慰安婦日韓合意をどう報道したか
http://jcnsydney.blogspot.com.au/

B慰安婦日韓合意についての見解など
http://nadesiko-action.org/?page_id=5151

C米カリフォルニア州の公立高校が2017年度から導入する歴史・社会科学のカリキュラム改正案に日本軍の慰安婦問題が盛り込まれています。この内容について意見の送り先などは下記。
http://nadesiko-action.org/?p=9471

Dなでしこアクション Japanese Women for Justice and Peace | 正しい歴史を次世代に繋ぐネットワーク   
「慰安婦=性奴隷」のウソに終止符を!
http://nadesiko-action.org/
★国連に意見を送ろう!会議に参加しよう!2016.2女子差別撤廃委員会ジュネーブ

ジュネーブの国連で女子差別撤廃委員会の63セッション(2月15日〜3月4日)が開催されます。

期間中、8か国 チェコ共和国, ハイチ, アイスランド, 日本, モンゴル, スウェーデン, タンザニア連合共和国, バヌアツ についての会議が行われますが、日本の会議は2月16日(火)です。

会議では委員会と日本政府代表団の間で、女性の人権に関する様々なテーマについて意見交換されます。慰安婦問題もその一つです。

これまで日本のNGOから「日本政府は元慰安婦に(酷いことをしたから)謝罪と賠償をすべき」という意見ばかり送られてきました。その為、国連では「慰安婦=性奴隷」と誤解されています。

日本の会議に向けて出来ることは

★ 委員会に事前に意見レポートを提出
★ 会議傍聴参加(チラシ等を委員に渡すロビー活動可能、会議は日本語通訳ありのはず)

です。
詳細は下記
http://nadesiko-action.org/
posted by ネルル at 16:55| 北海道 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

朝日新聞の今世紀最大の嘘 ケントギルバート氏講演

とても分りやすく説明しているブログを見つけました。
詳細は↓
http://www.truthjapan.net/2015/10/04/%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%80%8C%E4%BB%8A%E4%B8%96%E7%B4%80%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E5%99%93%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

2015年10月4日

なぜ「今世紀最大の噓」をついたのか?
おはようございます。

長谷川です。



10月1日にケントギルバード氏が憲政記念館で

講演を行い、「朝日新聞は今世紀最大の噓をついた」と

述べました。

「朝日の嘘は今世紀最大の嘘」 ケント・ギルバート氏 「歴史戦」講演会詳報
さて

朝日新聞の噓とは何だったのでしょうか?

〇今世紀最大の噓とは?



2014年8月5日の朝日新聞の紙面に

こういった記事を出しました。

【慰安婦を強制連行したとする証言は

虚偽だと判断し、記事を取り消した】という記事です。


虚偽

案の定、多くのクレームが殺到してしまいました。

クレーム

振り返ると朝日新聞が30年以上前から
下記のような記事を出し続け
日本を始めとして、韓国、中国そして
アメリカまで広がり先の大戦で
『従軍慰安婦がいた』
ことになってしまいました。

朝日

しかし、日本軍が組織的に朝鮮半島で

慰安所を作ったこともありませんし

その証拠として1つだけ

挙げられていた韓国・済州島の事例も

訂正し、そのような事例がなかったことを認めました。

募集

いまや軍慰安婦の募集は、朝鮮の民間業者が行ったことが

火を見るよりも明らかとなっております。

そして、『性奴隷』などという言葉も使う方もいますが

そもそもかなりの月収を払っており

少なくとも奴隷ではなかったことの証拠が出てきております。



〇なぜか真実は報道せず・・・

さらに

朝日新聞は、韓国が朝鮮戦争の頃や

ベトナム戦争の頃に国として慰安婦を集めたことを

報道しておりません。

朝鮮戦争の頃

アメリカ軍、韓国軍のために朴大統領が

基地村浄化計画と称し、国内に慰安所を作りました。


基地村浄化

女性はドラム缶に入れられ輸送され

非人権的な条件で働かせて性病なども

多々、発生してしまいました。


ドラムカン

昨年、米軍慰安婦として働かされ人権を侵害されたとして

韓国政府に賠償を起こしています。


米軍慰安婦



ベトナム戦争時にも慰安所を作り

ベトナム女性に対し、非人道的なことを

様々行いベトナムに

多くの混血児(ライダイハン)が出て、

今でも問題になっております。


ベトナムに慰安婦

ベトナムでの虐殺

朝鮮半島での『従軍慰安婦』のことを報道する前に

こういった歴史的事実として明らかな事柄を報道しません。

朝日新聞の姿勢をうがってみると

「日本を貶めるために」行っているとしか思えない部分が

多々あります。



〇今世紀についた沢山の噓

例えば

「サンゴを傷つけたものがいる」と報道しましたが

朝日新聞記者が、故意にやっており捏造でした。

珊瑚事件

福島原発の事故が起きたとき

「所長命令に違反して所員が撤退した」と誤報も出しました。

Bizjournal_201409_post_6015_1

そしてなぜか

現地の状況もしっかりと見ず

共産主義国家を持ちあげ

事実と全く異なる報道をしています。

北朝鮮

カンボジアで大量虐殺を行ったポルポトも

擁護していました・・・。

ポルポト

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

なぜ「今世紀最大の噓」をついたのか?

それは日本を貶めるため

これ以外何もありません。

ケントギルバード氏は

講演にて

アメリカをはじめとして外国に捏造が広がっていることへの危惧を

感じており、日本はしっかりと英語で

伝えていくことが必要だと述べています。

国連の場などで真実を伝えることが重要でしょう。

そして河野談話の検証を今一度行うため

河野氏の国会招致を行うことも必要不可欠だと思います。

そのようなことを行うため

国民ひとりひとりがこのような捏造があったことを

把握し、世論として「朝日新聞が公平公正ではなく偏向している」ことを

喚起していかなければならないと思います。

私は、今、朝日新聞とは全く異なる内容での

テレビ番組「そこまで言って委員会」を

応援しています。



ぜひともご理解いただける方は

ご賛同よろしくお願い申し上げます。

☆こちらよりご参加いただけます

→『そこまで言って委員会』を全国で放送してほしい!


そして

ご協力いただける方がいらっしゃいましたら

共に拡散致しましょう。

posted by ネルル at 17:11| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

米フラトン市博物館への慰安婦碑設置、韓国団体が設置提案を取り下げ

退役軍人で日系2世のロバート・ワダさん、有難うございます。
http://www.sankei.com/world/news/150827/wor1508270048-n1.html
2015.8.27 22:03更新

【歴史戦】
米フラトン市博物館への慰安婦碑設置、韓国団体が設置提案を取り下げ 地元行政が「反日摩擦」を懸念
【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州フラトン市博物館に韓国系団体が慰安婦碑の設置を求めていた問題で、この団体が自ら提案を取り下げていたことが分かった。博物館は設置見送りを正式に決定した。北米や豪州で慰安婦像や碑の設置提案が市議会などで否決されたケースはあるが、取り下げは異例。行政側が「地域の摩擦」を懸念し、反日活動にブレーキをかけた可能性がある。

 碑の設置は、同州グレンデール市の慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム」(KAFC)が提案。フラトン市議会で昨年8月、慰安婦問題での日本政府を非難する決議案と、慰安婦碑(像)の設置を支持する決議案が賛成多数で採択されたのを受けて、市博物館敷地内への慰安婦碑設置を提案した。

 関係者によると、博物館側とKAFC関係者は今年2月以降に数回接触。博物館側は碑を常設する案のほかに、展示会などに合わせて一時的に設置する案も検討するよう促したが、話し合いは決裂。KAFCは提案を取り下げた。

 設置反対派の在米日本人らは8千以上の署名と、こうした非難への反論資料などを博物館に提出した。中でも影響を与えたとされるのは、同市に事務所を持つ、朝鮮戦争の退役軍人で日系2世のロバート・ワダさん(85)の手紙だ。
《こうした碑の設置は、多様性を認めるわれわれの市の一部の人にしか利益をもたらさない》。ワダさんの手紙は、隣接するブエナパーク市で2013年、慰安婦像設置の提案があった際も市議全員に送付され、市議会が採決を見送った経緯がある。

 《日系米国人が碑設置に反対するのは、戦時中、女性を性奴隷として日本に連行し、人身売買に関わったことを認めたくないからだ》。市議会で碑設置を訴えた韓国系高校生の反日感情に基づく誤った認識を掲載した学校新聞の記事がネット上に掲載されると、朝鮮戦争で韓国の自由のために命がけで戦ったワダさんは猛反発した。怒りは市や行政当局に伝わり、記事は削除された。

 慰安婦碑の設置見送りについて、韓国メディアは「最近の日米の蜜月関係の雰囲気の中で、日本側の妨害が決定的な影響を及ぼした」と伝えているが、韓国側の推進活動が「反日一色」と受け止められたとの指摘もある。

posted by ネルル at 19:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

慰安婦碑設置反対で8000人署名、日本人団体が提出 米フラトン、韓国側も対抗

http://www.sankei.com/world/news/141002/wor1410020002-n1.html

2014。10.2
慰安婦碑設置反対で8000人署名、日本人団体が提出 米フラトン、韓国側も対抗

(1/2ページ)
 【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州フラトン市に韓国系団体が慰安婦碑の設置を提案したことを受け、在米日本人団体が9月30日(日本時間10月1日)、碑の設置に反対する約8千人分の署名を市に提出した。

 署名を提出したのは現地で慰安婦問題に取り組む日本人団体「True Japan Network」のメンバーら。街頭署名のほか、日本の市民団体「なでしこアクション」が日本や各国からネットなどを通じて集めた署名も多く含まれている。慰安婦に関する米政府の公文書のコピーを添付し、慰安婦は韓国側が主張するような「性奴隷」ではないことを説明する文書などを一緒に提出した。

 一方、韓国側も設置を求める1200人分の署名を提出し、さらに5千人分以上を集めるとしている。

 碑の設置を提案したのは、同州グレンデール市の慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム」。フラトン市は、8月の市議会でこの団体が提案した、慰安婦問題を人身売買と関連づけて日本政府を非難する決議案をチャフィー市長、シーボン副市長を含む賛成多数で採択した。

 碑の設置の可否を判断するのは市議ではなく、21人からなる博物館委員会だ。しかし、市長と副市長が慰安婦決議に賛成したことが委員会の判断に影響しかねないと指摘されている。委員会は20日に招集され、同日中にも設置の可否が決まる可能性がある。

チャフィー市長は今年3月、姉妹都市の韓国・龍仁市を訪問したほか、韓国与党の大物国会議員らとも面会した。このため、「韓国側の主張のみを受け入れるのでは」と懸念する在米日本人は少なくない。

 11月の米中間選挙では、フラトン市の市長と副市長も改選される。フラトン市は韓国系住民が比較的多く、グレンデール市の慰安婦像に献花した米連邦下院外交委員長のエド・ロイス議員の選挙区の一部でもある。

 シーボン副市長は、ロイス議員も自分を応援していると強調し、韓国系の票の取り込みを図っている。
posted by ネルル at 11:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

グレンデール市 慰安婦像撤去訴訟で書面提出

慰安婦像訴訟で【表現の自由への挑戦】が争点? 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140412/amr14041213010006-n1.htm

「表現の自由への挑戦」とグレンデール市 慰安婦像撤去訴訟で書面提出
2014.4.12 21:45 [「慰安婦」問題]
米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像の撤去を求め、在米日本人らの団体が同市を提訴した問題で、市側がカリフォルニア州の連邦地裁に「表現の自由への挑戦」とする書面を提出したことが分かった。

 市側は今年2月、民間団体「歴史の真実を求める世界連合会」(GAHT)から提訴された直後、市議会公聴会などで、すでに争う姿勢を表明していた。大手法律事務所の弁護士がこれまでに被告側代理人に就任し、今回書面を提出した。

 原告側は、市は連邦政府が持つ外交権限を越権して像を設置しており、近くの碑文にある「日本軍が強制連行」「性奴隷にした20万人」などの文言は市議会で承認されてもいないと主張。これに対し、市側は「市民の表現行為」とした。訴訟は、争点整理などの手続きが続いている。(ロサンゼルス支局)

【LA発 米国通信】グレンデール慰安婦像撤去訴訟 「表現の自由を守る」と被告側代理人…争点はそこか?! ↓
http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=393855151
posted by ネルル at 17:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

米の慰安婦像「将来に禍根」 地方議員団、改めて撤去要求

記者の理解不足 勉強不足の対策は、事実を伝えていきましょう。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20140226099.html

米の慰安婦像「将来に禍根」 地方議員団、改めて撤去要求
産経新聞2014年2月26日(水)08:02
 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像に抗議する地方議員団のメンバーが25日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、「事実ではない『性奴隷』という言葉を碑に刻み慰安婦像として残すことは将来に禍根を残すことになる」と像の撤去を改めて訴えた。記者からは、慰安婦問題への理解不足とみられる質問も相次いだ。

 記者会見したのは、地方議員団の代表世話人を務める東京都の松浦芳子杉並区議ら。1月に訪米し、像の撤去などを求める抗議文をグレンデール市に出した。

 松浦氏は、平成5年の河野洋平官房長官談話が「慰安婦募集の強制性」の裏付けがないまま発表されたことを説明した上で像設置について「新たな日本に対する民族差別を生むのではないか」と強い危惧を示した。

 これに対し、海外メディアの記者からは「他の国にも慰安婦がいたのに、韓国で問題になっているのはなぜか」(米国の通信社)との質問が出た一方、「大分の炭鉱にいた韓国人労働者は強制労働させられていたのか」「日本軍の慰安所以外でも強姦(ごうかん)がたくさん起こっていたではないか」といった慰安婦問題と直接関係ない誤解や偏見に基づく質問も目立った。

posted by ネルル at 18:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

米国内での慰安婦問題への誤解を解く貴重な機会

日米両国で寄付金を募る、その時は沢山の寄付金が集まると思います。(寄付のお願い先は最下段)


真央ちゃんのフリーは金メダル

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000090-san-n_ame

慰安婦像、撤去求め提訴へ 「歴史の誤解」解消狙う 「東海」浸透の動きも牽制
産経新聞 2月21日(金)7時55分配信
 米国カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を求めて、日系人や在米日本人らが立ち上がった。慰安婦像の撤去だけでなく、市が慰安婦募集の強制性を裏付ける証拠を持たないまま像を設置したことを明るみにできれば、米国内で生じている慰安婦問題への誤解を解く貴重な機会ともなる。

 「日本は捏造(ねつぞう)された歴史の被害者だ。この被害から逃れるには、積極的に加害者と闘う必要がある。国際社会では自分でやらなければだれも助けてくれない」

 原告の一人で、南カリフォルニア在住の目良(めら)浩一元ハーバード大助教授(80)は、訴訟に踏み切った動機をこう語る。目良氏らは、像のそばのプレートに日本軍が強制連行したと記述されたことなどに“義憤”の念を抱き、日本をおとしめようとする試みをただそうとしている。

 米国内ではすでに慰安婦像・碑が設けられた4都市以外にも、新たに設置する動きがくすぶっている。原告は訴訟を通じ、将来、提訴される可能性があることを周知することにより、自治体や議会による新たな設置の動きに歯止めをかけようとしている。また、グレンデール市が連邦政府の外交権限を侵害していることが認定されれば、「日本海」の表記に代えて韓国政府が主張する「東海」表記を浸透させようとする州レベルの動きに対する牽制(けんせい)にもなる。

 今回の提訴に当たり、原告はオスマン帝国時代のアルメニア人虐殺に端を発した、さまざまなトルコ対アルメニア訴訟の経験を持つ米国弁護士事務所と契約し、態勢を整えた。

 ただ、最大の懸念は訴訟費用の確保だ。訴訟準備の初期費用は原告が自ら負担したが、訴訟が長期化すれば資金不足となるのは必至。このため、原告の一部がメンバーとなっているNGOのGAHTでは日米両国で寄付金を募る。

 日本政府は、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話に縛られて身動きが取れない。訴訟を通じて慰安婦問題の真実を正そうとしている目良氏らは、正しい歴史を後世に伝えたいと願う日本人による強い支援を求めている。(田北真樹子)

ーーーーーーーーーーーー
http://gahtjp.org/
寄付のお願い

当会としては、出版、放送、講演会などを通じて広報活動を展開していきますが、その他にグレンデール市の慰安婦像の撤去のために、米国の法律に基づく法廷闘争に持ち込み、裁判の過程において歴史的な真実を公表し、いわゆる「従軍慰安婦」説の虚構を詳らかにし、また当該市の慰安婦像の設置は米国憲法に違反していること、すなわち連邦政府の権限を侵していることを明らかにして、撤去を要求する計画です。この法廷闘争には、かなりの費用がかかり、且つ、長期にわたることが予想されますので、いくらかでも貴重な資金の提供をいただければ幸甚に存じます。
ご協力を深く感謝いたします。

銀行振込みによる資金提供

■ 銀行: 三井住友銀行 六本木支店
■ 口座: 桜の花出版株式会社 歴史の真実の会寄付金口座
■ 口座番号: 支店619  普通預金口座  7544532

posted by ネルル at 16:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慰安婦像撤去を求め日系人らグレンデール市を提訴 米全土拡散に歯止め


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140221/amr14022108160000-n1.htm

慰安婦像撤去を求め動きだしました。

2014.2.21 08:16 (1/2ページ)[「慰安婦」問題]

 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦をモチーフにした少女像をめぐり、同市在住の日系人たちがグレンデール市を相手取って、像の撤去を求める訴訟をロサンゼルスにある同州中部地区連邦地裁に起こしたことが20日、分かった。原告側は米国内で広がる慰安婦像・碑の設置の動きや、誤った歴史認識の拡散に歯止めをかけることを目指す。

 原告はグレンデール市在住の日系人とロサンゼルス周辺の日本人在住者でつくるNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のメンバー。21日(米国時間20日)、弁護士を通じて訴状を連邦地裁に提出した。

 グレンデール市の慰安婦像は昨年7月に市営図書館に隣接する公用地に設置された。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像と同じモデルのブロンズ像で、そばに「戦時中、日本軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦にされた」と書かれたプレートが設置されている。

訴状によると原告は、慰安婦問題が日韓間の外交問題になっている中、韓国側の「慰安婦は強制的に集められ、ひどい待遇を受けた」との言い分に基づきグレンデール市が像を設置したことは、連邦政府に属する外交権限を侵害していると主張。また、プレートの文言は市議会で承認されていないとし、手続きに瑕疵(かし)があったと訴えている。

 米国では韓国系人口の集中する東部ニュージャージー州ハッケンサックとパリセイズパーク、ニューヨーク州ウエストバリーの計3カ所で慰安婦碑が設置されているほか、複数の都市でも設置を模索する動きがあるといわれる。在米の韓国系団体は全米各地に慰安婦碑・像を設置することを目指し、地方議員から連邦議員まであらゆるレベルでの働きかけを強めている。
posted by ネルル at 16:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦像撤去へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする